西東京市田無町耳鼻科 耳鼻咽喉科ヒロクリニック|味覚障害

西武新宿線 田無駅北口徒歩3分

便利なインターネット予約

TEL:042-463-8711

味覚障害

味覚障害について

味がわからなくなったり、味覚が鈍磨したり、本来の味とは違った妙な味に感じられたりする障害を味覚障害と言います。高血圧の薬や抗生剤、その他、各種薬物の長期使用によって生じる薬剤性の味覚障害がよくみられます(薬剤性味覚障害)。また、血液中の亜鉛が不足することにより、舌の表面にある味蕾(味を感じる細胞)の新陳代謝が十分に行われなくなるために起こることも少なくありません。この場合は、亜鉛を補給する治療を行います。舌にカビが生えていて、痛みを伴ったりする味覚障害も稀ながら見られます。そうした場合は、カビを除去する治療を行ったりします。

味覚障害を招く主な疾患

ほかに、味覚障害を起こす主な疾患には、口腔内の異常としては舌炎や口腔乾燥症(ドライマウス)など、味覚障害を招く疾患には、貧血や消化器疾患、糖尿病、肝不全、腎不全、甲状腺疾患などがあります。また味覚を伝達する神経経路が異常をきたすことで味覚障害を起こす疾患には、顔面神経麻痺や脳梗塞・脳出血、聴神経腫瘍、糖尿病などがあります。こうした疾患によって二次的に味覚障害が起こっているような場合は、原因疾患の治療がそれぞれ必要になります。