西東京市田無町耳鼻科 耳鼻咽喉科ヒロクリニック|上気道炎

西武新宿線 田無駅北口徒歩3分

便利なインターネット予約

TEL:042-463-8711

上気道炎

上気道炎について

上気道炎とは、鼻から喉(咽喉)の急性炎症です。上気道炎は、部位により急性鼻炎(鼻の粘膜に生じる急性の炎症)、急性咽頭炎(喉(咽頭)の粘膜やリンパ組織に生じる急性の炎症)、および急性喉頭炎(喉(喉頭)の粘膜に生じる急性の炎症)などに細かく分けられます。急性鼻炎だけ、急性咽頭炎だけ、急性喉頭炎だけという場合もありますが、急性鼻炎と急性咽頭炎、急性咽頭炎と急性喉頭炎のこともあります。もちろん急性鼻炎、急性咽頭炎、急性喉頭炎のすべてが同時に起きるケースもあります。原因は、多くが風邪ウイルスです。最初はウイルス感染だけでも、後から細菌感染が加わることもあります。また、最初から細菌感染が伴うこともあります。

上気道炎の治療

急性上気道炎(急性鼻炎、急性咽頭炎、急性喉頭炎)の治療について、それぞれ説明いたします。

急性鼻炎の治療
  • ウイルス感染のみと思われる場合は、鼻の炎症を抑える薬を処方します。
  • 緑色っぽいの鼻水が続き、細菌感染を起こしているときは、抗生剤を処方します。
  • ネブライザー治療(消炎剤などの吸入)

急性鼻炎は2週間以上症状が続くことはほとんどありません。2週間以上、緑色っぽい鼻水が続くようなら急性副鼻腔炎に罹っている可能性がありますので、早めに耳鼻咽喉科を受診してください。

急性咽頭炎の治療
  • ウイルス感染だけと思われる場合はウイルスに対する特効薬はありませんので(インフルエンザウイルスは除く)、喉の炎症を抑える薬を処方します。
  • 細菌感染を起こしている時は、抗生剤を処方します。
  • ネブライザー治療(消炎剤などの吸入)をします。

特殊な咽頭炎を除き、急性咽頭炎が2週間以上続くようなことは、ほとんどありません。

急性喉頭炎の治療
  • ウイルス感染のみと思われる場合は、喉の炎症を抑える薬を用います。
  • 細菌感染を起こしているときは、抗生剤を使用します。
  • ネブライザー治療(消炎剤などの吸入)

改善するまでに、通常1~3週間かかります。炎症がひどい場合は、1ヶ月程度かかることもあります。