西東京市田無町耳鼻科 耳鼻咽喉科ヒロクリニック|補聴器

西武新宿線 田無駅北口徒歩3分

便利なインターネット予約

TEL:042-463-8711

補聴器

補聴器について

一般に聴力は30歳代を境に衰え始め、なかでも高音域から低下していきます。そして高い音が聞こえにくくなると、母音は聞き取れるものの、子音が聞き取りづらくなってきます。例を挙げれば、「広い」と「白い」、「佐藤さん」と「加藤さん」などのような文言では、言葉を聞き間違えやすくなってきます。補聴器を使う前に、日常の聞こえ方について改めて思い返してみて、まずはご自身の聴力の状態を正確に把握することが大切です。難聴の方が補聴器を使う目的は、主に言葉を聞き取るためです。

「テレビや映画を楽しむ」「家族や友人との会話」「仕事でのコミュニケーション」など、生活の様々な場面での言葉の聞き取り状況を改善するために、補聴器は利用されます。

補聴器の種類

補聴器と一口に言っても、いろいろな種類が存在します。見た目の形も違えば、価格によっても、どんな機能が搭載されているかによっても違いが出てきます。また、信号処理の方法によって、大きく「アナログ補聴器と「デジタル補聴器に分けることもできます。このように補聴器にはいろいろな種類・タイプがあります。そのため、それぞれの特徴をよく理解して、自分の聴力や聞こえの状態、形状や付け心地の好み、予算等に合わせて、最適な補聴器を選ぶことが大切になります。

なお、補聴器を装着しさえすれば、以前と全く同じように聞こえるようになるというわけではありません。しかし、今まで聞こえなかった音が聞こえるようになることで、生活のなかで生じていた様々な不便が軽減され、より快適に暮らせるようになります。

※補聴器は主に生活の場で使われるものの、あくまでも医療機器なので、自分に適した補聴器を選ぶために、補聴器相談医から販売店の紹介を受けるようにしてください。また、補聴器相談医の診断に基づいて「フィッティング(調整)をしてもらうことも必要です。