西東京市田無町耳鼻科 耳鼻咽喉科ヒロクリニック|外耳炎

西武新宿線 田無駅北口徒歩3分

便利なインターネット予約

TEL:042-463-8711

外耳炎

外耳炎について

外耳炎とは、耳介(外側に出ている耳)と鼓膜までの外耳道を合わせた外耳(耳と耳の穴)に炎症が生じる病気のことです。外耳炎の原因は、中耳炎と同様に細菌(主にぶどう球菌)や真菌(カビ)、ウイルスの侵入・感染です。通常、耳に病原菌やウイルスが侵入しても感染まで進展しないケースが圧倒的に多いのですが、耳かきのし過ぎなどによって外耳道に傷が付いていたり、また不規則な生活などのために体の抵抗力が落ちていたりすると、発症する可能性が高くなります。

外耳炎の症状

外耳炎の症状としては、強い耳の痛みと痒みが挙げられます。症状が進行すると、強い臭いを伴う黄色もしくは白色の耳だれが出るようになります。外耳道が炎症を起こして腫れ上がると、聴力の低下を招くこともあります。また、耳におできが生じる「限局性外耳炎」(耳せつ)では、おできが破れると膿と血液が出ることもあります。また、外耳炎と中耳炎は発症の原因が同じため、治療せずに放置していた外耳炎が中耳炎に進展するケースも時に見受けられます。

外耳炎の治療

外耳炎の治療にあたって重要なのは、とにかく「耳かきをし過ぎない」ことです。過剰な耳かき(掃除)は、耳介や外耳道に傷をつけ、外耳炎を悪化させる要因になるからです。治療は、清潔にするために脱脂綿や吸引機などで軽く耳掃除を行ってから局所への点耳薬投与、軟膏塗布などを行います。原因が細菌なのか真菌なのかによって治療法が変わってきたりもしますので、耳だれの細菌培養検査などを行って原因を特定する場合もあります。びまん性外耳炎は耳を清潔にしてから、抗生物質の塗布と投与を1週間ほど行います。限局性外耳炎では、おできを切開して膿を出し、抗生物質を塗布します。痛みが激しいようなら、鎮痛剤を用います。