西東京市田無町耳鼻科 耳鼻咽喉科ヒロクリニック|アレルギー性鼻炎(花粉症含む)

西武新宿線 田無駅北口徒歩3分

便利なインターネット予約

TEL:042-463-8711

アレルギー性鼻炎(花粉症を含む)

アレルギー性鼻炎(花粉症)について

現在日本人の5人に1人が花粉症と言われ、もはや国民病の観を呈しています。今まで花粉症ではなかった人が、突然、花粉症になることもよくあります。原因は、食生活や住環境の変化によりアレルギー体質の人が増加していることや、大気汚染(ディーゼルエンジンの排気ガス)など、様々な要因が考えられていますが、基本的には戦後植林したスギ林の樹齢が30年を超えて花粉の量が増大しているのが大きな原因と考えられています。

花粉症とは、植物の花粉が原因となって、立て続けのくしゃみや鼻水、鼻づまり、目の痒み、目の充血、涙などの症状を引き起こすアレルギー性鼻炎の一種です。スギ、ヒノキの花粉がよく知られていますが、これら以外にもアレルギーを引き起こす植物には、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギほか、たくさんのものが知られています。花粉症は「季節性アレルギー性鼻炎」と言われますが、ほかにもう一つ、埃やダニ、ペットの毛やフケ、カビなどが原因となる「通年性アレルギー性鼻炎」もあります。

花粉症の治療法

花粉症をはじめとするアレルギー性鼻炎は、治療を始める前にアレルギーの原因を特定してそれらを回避することで、症状を起こりにくくすることが可能です。アレルギー検査では、問診や鼻鏡検査を行うとともに、血液検査によってアレルゲンを特定していきます。そうした上で、花粉症を含めたアレルギー性鼻炎の治療は、抗原回避(メガネやマスクの着用、環境整備などにより、花粉や埃などのアレルギー原因物質、つまり抗原を寄せ付けないようにすること)と薬物療法を中心に行います。

内服薬
花粉の飛び始める2週間前(症状の出る前)から薬を飲み始めます。症状が出てから薬を飲み始めるのに比べて、症状が軽く済むことが多いことがわかっています。特に鼻水、くしゃみが強いタイプの人に効果的です。
鼻スプレー
治療効果が高く副作用が少ないため、症状や鼻づまりが強い人には、内服薬に加えて局所スプレーを併せて用います。
CO2レーザー治療

当院では、CO2(炭酸ガス)レーザーを使った手術を行っております。アレルギー反応が起こる場所である鼻粘膜をレーザー照射によって変性させることによって、花粉やハウスダストなどの抗原が入ってきてもアレルギー反応を起こりにくくします。その結果、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状を抑えることができます。炭酸ガスレーザーは水分に吸収される性質があるので、鼻の粘膜の浅い層だけを凝固し、内部組織にはダメージ(侵襲)を与えません。この治療は季節性アレルギー性鼻炎にも、通年性アレルギー性鼻炎にも効果があります。

紫外線療法

UVA(紫外線A波)、UVB(紫外線B波)、可視光線の混合光を利用した、リノライト光線を鼻の穴に照射していきます。
※まだ新しい治療法であるため保険適用外となります。

レーザー治療を受けられる方に
炭酸ガスレーザーとは?
炭酸ガスレーザーのレーザー光は水によく吸収される性質があり、鼻腔内の粘膜を非常に浅く焼灼(0.05mm程度)することができます。そのため、他の手術方法に比べて組織へのダメージ(侵襲)が少なく、安全です。このレーザー手術は、外来通院で行えます。
レーザー治療の手術方法は?
炭酸ガスレーザー手術は、アレルギー反応を起こす下鼻甲介の粘膜部分にレーザーを照射することによってアレルギー反応を抑制し、くしゃみ、鼻水、鼻づまりを抑える方法です。レーザー照射は症状に応じ、何回かに分けて行います。手術は、鼻腔内に表面麻酔薬を含ませたガーゼを15~20分挿入して麻酔を行った後、レーザーを照射します。手術は10分程度で終了します。
レーザー治療中の痛みは?
術中・術後の出血や痛みは、ほとんどありません。
レーザー治療の術後は?
術後は、そのままご帰宅になれます当日は強く鼻をかむと、多少鼻汁に血が混じることがありますが、特に問題はありません。また、多少シクシク感やくしゃみが出ることがありますが、心配ありません。2~3日して粘調な分泌物が出て(フィブリン様)、その後から鼻の通りは安定します。処置後に通院する必要はありません。
副作用
特に副作用はありません。しばらくの間(6ヶ月程度)効いていますが、少しずつ粘膜が元の状態に回復するにしたがって多少症状が戻る場合があります。何回当てても問題はありません。
適応
薬を服用したくない方(妊娠中も可能)、花粉シーズンの予防、鼻閉が長く続く方
時期
花粉症状が強いと、刺激を誘発してしまうので、当てられません。12月~2月10日頃までにレーザーを当てることをお勧めしています。
費用
当院でのアレルギー性鼻炎(花粉症)のレーザー治療は保険適用になります。

※レーザー治療に関する詳しい内容・方法等についてお知りになりたい方は、ぜひ一度ご相談ください。

RHIN LIGHT(リノライト)治療とは
1.アレルギー性鼻炎・花粉症とは?
機器イメージ
アレルギー性鼻炎は、ハウスダスト、花粉等の抗原が鼻腔内の粘膜表層でアレルギー反応を起こし、その結果、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状が現れた状態です。その中で、特に花粉に対するアレルギーを花粉症と呼びます。
2.リノライトとは?
リノライトは、アレルギー治療の為に、UVA(紫外線A波)、UVB(紫外線B波)、可視光線の混合光を利用した光線治療機器です。
3.治療方法は?
リノライト光線を鼻にあてるだけのシンプルな治療法です。片方の鼻の穴に対して2分ほどで、 両方でも4分程度で終了します。
4.回数は?
1回でもある程度の効果は望めますが、通常3~7日の間隔をあけ複数回行います。
5.痛みは?
痛みはまったく感じず、お薬が飲めない妊婦の方 や、痛みに弱いお子様 への治療に向いています。
6.副作用は?
鼻の粘膜にUV(紫外線)をあてると、粘膜からUV(紫外線)が吸収されアレルギー反応を起こす細胞の増殖を抑えていくという治療法です。副作用が非常に少ない治療法ですが、2~3日乾燥感がでる場合もあります。

※新しい治療法であるため、保険適用外です。

★リノライト治療に関する詳しい内容等をお知りになりたい方は是非一度ご相談ください。★