西東京市田無町耳鼻科 耳鼻咽喉科ヒロクリニック|副鼻腔炎(蓄膿症)

西武新宿線 田無駅北口徒歩3分

便利なインターネット予約

TEL:042-463-8711

副鼻腔炎(蓄膿症)

副鼻腔炎(蓄膿症)について

鼻の副鼻腔という場所に炎症が起きる疾患です。風邪症状が出て1週間ほどが経過してから、風邪に続いて副鼻腔に細菌感染が起こり、発症します。膿のような鼻汁が出ることがあります。頬や目の奥の痛み、発熱、頭痛、頭重感などを伴うことがあります。症状が進むと、極めて稀ではありますが、目や脳まで侵されることもあります。これが急性副鼻腔炎という疾患の一般的な流れです(アレルギー性鼻炎、虫歯、真菌などが原因になることもあり、原因に応じて治療方針はそれぞれ変わってきます)。この急性副鼻腔炎が治らずに慢性化した病態を慢性副鼻腔炎と言います。がんこな鼻づまり(鼻閉)をきたし、一般には「蓄膿症」と称されます。

副鼻腔炎の症状

症状としては、鼻水が絶えず出てきてよく鼻をかむ、常に鼻がつまっていて口で呼吸する、いびきをかく、匂いがわからない、頭痛がする、などがあります。

副鼻腔炎の治療

治療には、薬物療法ほか、抗生剤の入ったネブライザー(吸入器)などを使った処置、また排膿洗浄などが行われます。排膿洗浄とは、副鼻腔に溜まった膿を排出し、副鼻腔を洗浄することです。特殊な針を用いて直接上顎洞から膿を吸引した後、生理食塩水などで洗浄することもあります。こうした治療をしても治らないようなら、手術を検討することもあります。かつては副鼻腔炎の手術と言えば、口の粘膜を切ったり、顔面骨を削ったりという痛くて辛い手術というイメージが強かったものですが、現在の主流は痛みや出血の少ない内視鏡手術であり、しかもそのほとんどは全身麻酔下に行われます。術後の腫れが少なく、治療成績も良好です。