西東京市田無町耳鼻科 耳鼻咽喉科ヒロクリニック|鼻中隔彎曲症

西武新宿線 田無駅北口徒歩3分

便利なインターネット予約

TEL:042-463-8711

鼻中隔彎曲症

鼻中隔彎曲症について

鼻中隔(びちゅうかく)が大きく曲がっているために、いつも鼻がつまってしまって口呼吸やいびき、匂いがわからない、などの症状がある場合を鼻中隔彎曲症と言います。頭痛や肩こり、注意力の減退、鼻血などの症状が出ることもあります。アレルギー性鼻炎や慢性副鼻腔炎(蓄膿症)が合併すると、そうした症状はさらに強くなりがちです。鼻中隔がなぜ曲がるかの原因についてですが、鼻中隔は軟骨の板と、骨の板とでできています。顔の発育とともに鼻も発育しますが、骨の板よりも軟骨の板のほうが発育は盛んなので、この差によって彎曲が生じてきます(打撲等の外傷によって起こることもあります)。

この発育は思春期までが盛んです。軽い鼻中隔彎曲なら赤ちゃんにも見られますが、年齢とともにその率は上昇します。児童では70%、成人では90%と言われるように、ほとんどの人が、多かれ少なかれ曲がっているのです。したがって、鼻中隔が少し曲がっているだけで、鼻の症状がほとんど無いようならば、病気とは見なされません。

鼻中隔矯正手術について

鼻づまりなどの症状がひどいケースでは、鼻中隔矯正手術を行います。鼻中隔矯正手術では、曲がっている鼻中隔の軟骨・骨を取り除き、まっすぐに矯正します。手術は全身麻酔下に行い、通常は約1週間の入院を要します。なお、手術時期については注意が必要です。と言いますのも、鼻中隔は思春期までは盛んに発育しますので、思春期以前に手術を受けると、この発育が不十分となって鼻の変形を招く懸念があるのです。そのため、手術は鼻の発達が完了する17~18歳以降に行うのが好ましいと考えられます。