西東京市田無町耳鼻科 耳鼻咽喉科ヒロクリニック|中耳炎

西武新宿線 田無駅北口徒歩3分

便利なインターネット予約

TEL:042-463-8711

中耳炎

中耳炎について

中耳炎には主に急性中耳炎、滲出性中耳炎、および慢性中耳炎の3種類があります。中耳炎は赤ちゃんや子どもに起こりやすく、5~6歳までに8割くらいが罹患すると言われます。そして小さな子どもは耳の痛みを言葉で訴えられず、症状らしきものが発熱だけということもありますので、耳を気にしている様子が少しでも見られたら、早めに診察を受けさせましょう。

急性中耳炎

急性中耳炎は、最も一般的な中耳炎です。中耳には、鼻の奥に通じている耳管(じかん)という管が開いています。鼻や喉の細菌・ウイルスが耳管を通って中耳に入ることにより、中耳の粘膜に炎症が引き起こされます。ですから、中耳炎の多くは風邪をひいたときなどに、鼻や喉の炎症に続いて発症するのです。

症状としては、耳のズキズキする痛み、発熱、耳だれ(耳漏)、耳がつまった感じ、などがあります。乳児などでは痛みを訴えられませんので、機嫌が悪くなってぐずったり、しきりと耳に手をやったりします。

診断にあたっては、耳鼻咽喉科医が耳の内部を観察し、鼓膜が赤くなっていないかなどを確認します。また、中耳に膿が溜まって鼓膜が膨れている様子が観察されることもあります。軽症なら、抗生物質や消炎剤などの内服や、炎症をやわらげる薬液を耳に垂らすことで治療します。膿が溜まって鼓膜の腫れがひどく、痛みが強いときや、熱が高いときは鼓膜を少しだけ切開して(鼓膜切開)、中の膿を排出することもあります。

滲出性中耳炎

鼓膜の奥にある中耳腔(鼓膜の内側にある空間)に滲出液が溜まる疾患です。中耳の粘膜の炎症や耳管の働きの低下があると、粘膜からしみ出た滲出液が中耳腔に溜まるようになると考えられています。子どもでは3~10歳頃までに多く見られます。子どもの難聴の原因としては、最も多い疾患です。鼓膜の状態をみたり、聴力検査や鼓膜の動きを検査したりすることによって診断をつけます。鼓膜を通して中耳に溜まった液体を確認できることもあります。治療は、中耳に溜まっている滲出液を除いて聞こえを良くする治療、ならびに耳に悪い影響を与えている鼻や喉の病気に対する治療を並行して行います。

慢性中耳炎

慢性中耳炎には、二つのタイプがあります。一つは慢性化膿性中耳炎と呼ばれ、急性中耳炎が治り切らずに、鼓膜に穴があいたままになり、耳だれ(耳漏)を繰り返すタイプです。もう一つは真珠腫性中耳炎と呼ばれ、周囲の骨を破壊しながら進行していきます。ときには三半規管を壊してめまいを引き起こしたり、顔面神経麻痺を招いたりします。稀ながら、髄膜炎になってしまうこともあります。前述の滲出性中耳炎のほとんどは10歳頃までに治りますが、一部は治り切らずにこの真珠腫性中耳炎に移行すると言われます。

慢性化膿性中耳炎の治療法は、基本的には急性中耳炎と同様です。薬を飲み、耳の処置をすることによって耳だれは止まります。しかし、鼓膜に穴があいているため、耳に水が入ったり、風邪をひいたりすると耳だれを繰り返します。再発を防止するためには、鼓膜の穴を塞ぐ手術を行う必要があります。真珠腫性中耳炎を完治させるには、ほとんどのケースで手術が必要になります。