西東京市田無町耳鼻科 耳鼻咽喉科ヒロクリニック|インフルエンザ

西武新宿線 田無駅北口徒歩3分

便利なインターネット予約

TEL:042-463-8711

インフルエンザ

インフルエンザについて

風邪とインフルエンザは、原因も症状も明らかに異なる疾患です。「風邪」は、呼吸器における急性炎症で、喉の痛み、鼻水、咳などの症状を伴います。発熱、頭痛、食欲不振などが起こることもあります。健康な人でも、年に数回かかると言われています。

「インフルエンザ」は、インフルエンザウイルスへの感染によって起こります。通常の風邪よりも急激に発症し、症状が重いのが特徴です。インフルエンザに感染すると、1~3日の潜伏期間の後、38℃以上の高熱や筋肉痛など、全身的な症状が現れます。通常は、その症状が3~7日間続いた後、治癒に向かいます。しかし気管支炎や肺炎を併発しやすく、脳炎や心不全に至るケースもあり、油断は禁物です。インフルエンザウイルスは感染力が強く、いったん流行すると、年齢や性別を問わず、多くの人に、しかも短期間のうちに感染が広がります。日本では例年11~4月頃に流行が見られます。

インフルエンザの特徴

  • 潜伏期間/1~3日
  • 感染経路/おもに飛沫感染(くしゃみや咳などにより、小さな水滴となって飛び散った唾液や鼻水による感染)
  • 発症/急激に38℃以上の高熱が出る
  • 症状/悪寒、頭痛、関節痛、倦怠感などの全身症状、咳、痰、呼吸困難、腹痛、下痢などの胃腸症状 など
  • 療養期間/1週間程度

インフルエンザの予防

インフルエンザの予防には、ワクチン接種が効果的です。流行シーズンを迎える前の11月頃の接種をお勧めいたします。抵抗力がつくのは接種後およそ2週間後からで、その後約5ヶ月間にわたり効果が持続すると言われています。

インフルエンザの治療

一般療法
  • できるだけ安静にし、十分な休養を取ります。
  • インフルエンザウイルスの空気中での活動を抑えるために、加湿器などを使って室内の湿度を50~60%に保ちます。
  • 水分を十分に補います。お茶、スープ、ジュースなど何でも構いません。
対症療法
鼻水やくしゃみについては抗ヒスタミン薬、発熱や関節痛などに対しては解熱鎮痛薬などが用いられます。市販の薬を自己判断で使用することは、逆効果を招くリスクがありますので、服薬に関しては必ず医師の指示に従ってください。
抗ウイルス薬療法
インフルエンザウイルスに対する治療薬として、塩酸アマンタジンとノイラミニダーゼ阻害薬があります。これらの抗ウイルス薬は発病後早期に服用すると、より効果的です。